釉薬と炎の調和 理想の「志野」を追求して

伝統を継承し、次世代にも残るような心打つ作品を